50歳からの求人探しについて!

ドラッグストアの薬剤師の求人に応じるときに知っておきたい事

50歳からの求人探しについて! 最近のドラッグストアの展開速度は速く、今では都心部だけではなくて地方に出店する店の数も増えています。薬剤師の求人数も多いですが、調剤薬局などで働くやり方とは多少業務内容が異なってくる事もあるので、事前に違いを理解しておきましょう。さらに、最近のドラッグストアは、調剤併設という、病院の医師からn処方箋も取り扱う店舗もあります。なので、その処方箋の業務も行うのですが、その処方箋にだけ関わっているという事は出来ません。それと同時に、レジや品出し業務も行わなくてはならないからです。特に、店舗の規模が小さいほど、一人の薬剤師が同時にやらなければならない仕事は増えます。

なので、本来の医療者としての薬剤師という側面はもちろんの事、接客業務などにも関心を深めておく必要があります。お客さんとの会話を楽しめる人ならばうってつけでしょう。また、一般的な調剤薬局の薬剤師と違って、ドラッグストアには常に最前線の商品が並びます。新しい化粧品、サプリメント、薬、健康食品、などなどです。なので、そういった流行の最先端の製品についての知識を持っておくと、同じドラッグストアの薬剤師よりも有利な立場で働くことが可能です。お客さんにとって良い薬剤師とは、単に医療者としての立場からアドバイスする人ではなくて、その知識を活かして美容や健康といった悩みに対応してくれる店員です。求人に応じる気があるのならば、製品の最前線の場所で、お客さんに身近な立場で会話が出来る事を目指しましょう。

Copyright (C)202250歳からの求人探しについて!.All rights reserved.